忍者ブログ
2017/11/23 (Thu)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/01/01 (Mon)

えーっと
あけましておめでとうはちゃんとした1月1日の日記で言わせてください…!

てことで本人12月31日のつもりで書かせていただきますよ!
未練がましい奴だって?
今更じゃどちきしょう!

ということでこんばんは。
年末にとんでもないことばっか体験してきました。

そこまでの経緯を覚えていないのですが、
ルゥチ君、津宇君(君?さん?)とPT組んで
初めて秘密行ってきました
研究所の隅っこで断り続けて●回、
やっとこやっとこ知人と行けて嬉しかった。
はんぱなかったです。
シフさんなしなので、体力と鍵の個数が持つ限りで楽しみました。
・・・や、これだけでも経験としては十分でしたよ…!

で、多分その後でしょうか。
古都に戻りました。
塀に足をなげだしているように座りたくて、
武器屋さんのやや左後方に座ったのですが、
たまたまそこにルゥチ君が来た結果、
セクハラを受けた気分でした。
あの格好で頭に乗られているように見えたんですもん!(笑

その直後の話。
ものっそい偶然とったSSだったのですが、
ふと後ろのルゥチ君を見た私は、
「あ、すげー!戦士さんがいがみあってるように見える!」
と、すかさずファンクション12に手をのばしました。

まさしくその直後でした。
ルゥチ君の口から「この方は私を知っている」という事実を聞かされたのは。
心臓が破裂どころか粉砕するところでした。
ひぃいぃいぃい!!

で、その後、ちょっと隅っこ?に寄りまして、
だべっていたのですが、
ルゥチ君を見ていると思いました。
んー、まごうことなきヘタレ。ヘタレの代名詞だなぁ…v
※これ、超ほめてますよ!

その後シフさんも登場しまして、
W戦士がやられる様を見ることになりました

トラップが張り巡らされています。
シフさん、トラップのはりかたがやたらうまいんです。
しっかり足がはさまる位置に置くんです
う、うめぇ・・・!

しかし戦士さん、…あ、ルゥチ君ではない方で。<「かた」
私はこの、ゲームにあるまじき非常識な動きに驚いた。
自分の足が自由だと知った瞬間、
「とぅっ」と一声(かけましたっけ)、跳びました
その軌跡は綺麗な放物線を描き、

着地!
自分の反射神経に感謝しました。
気づいたらファンクション12に指がついてましたもん!
(でも跳んだ瞬間を取れなかったのは残念だ)
この華麗な姿をだしたいがためだけに
執念で看板の字を消しました
それっぽくありません?

その後自分、実は逃げました。
自分、普段そんなことはないんです。これは本当です。
でも今日だけは、
なぜか 人見知り? したようなんです。
臆病者に拍車がかかりました。
いつもは逃げるまで行かないんですが…!
馬鹿なことしてすみませんでした。(土下座)


で、実は、
続きの日記では研究所の秘密ネタを書きます。
はい。
知人の皆様、ごめんなさい。
1度、秘密終わらせてきました。


書く事多いので小さく!
とにかくウダウダして長いだけなので、
読むことは正直おすすめできません!(笑

日付変更し、新年になってからほどなく、
あの「はーよっこらしょ」のシフさん(なんて代名詞だ)に助けてもらって、
研究所の隅っこから秘密の場所へ行ってきました。

そのシフさん、アリアンの砂漠で知り会ってから
研究所の隅っこでもお世話になりまして、
今回も助けてくれました。
「いったん街にいってくるねー」とどこかに行ったと思ったら
そこがシュトラセラト。
私がちょっと前に「弓は見つかるのに槍って見つけづらいんだよな」と言ったのを
覚えていたらしく、
なんと、用事のついでに槍を見てきてくれました。
帰って来て おみやげー というから 何かと見たら
 レ ア 物 3 品
タダでもらえてしまいました。
あ、ありがてぇええぇえぇ!!
(セラトにいい武器があるなんて初めて知りましたその時に!)
光ってる武器はぶっちゃけ課金ものだと思ってたんです。
普通に売ってるものだったんだね!
てことで今はウィンドなんとやらかグレイプを持っています。
ぶっちゃけ3矛槍の外見はあまり好きではなかったのですが、
(加え、最大攻撃力は魅力的にあがるんですが、最小もまたガックリ下げられるんですよ)
ノリで つっついてみたら
普段50~80?の私が130越えをだした。
(ただしムラがありすぎて50だったり100こえたり)
場合わけして使おうと思います…!
とにかく攻撃勝負ならウィンドで勝負に出ようかと思います(死
安定した狩りがしたいなら…と、持ち歩くならグレイプがいいな・・・!
実はグレイプ使うまでファランクス使ってたんです。
グレイプにも実は少し抵抗がありました。
最小攻撃力・・・えーとつまり 底上げ はしてくれるんですが
上限が下がる。
でも安定さがほしくて購入。
実はこれ以外にもう1つグレイプを使う際に気にしていたのが、
射程範囲なんです。
グレイプが僅かに射程狭いんですね。
でも、
ウィンドってばグレイプを使おうとしたときと逆の条件をつきだしておきながら
(最小が下がってムラがでる)
射程はファランクスと同じ。
シフさんが買ってきてくれたほうのグレイプは、
最小も最大も同じくらいひきあげてくれるものでした。
てことで、場合わけしていきたいと思います。
通常装備はグレイプで!
単純に 外見が 好きなのでb
グレイプのあのラインが好きなのですがこの言い方は変ですか。

3本と言いました。
残り1本は2矛でした。
とてもありがたかった・・・!
ただぶっちゃけこれおとなしくウィンドかグレイプを使いまわしていたほうがいい気もした(爆
しかもこれ
今の私のレベルじゃ扱えねぇえぇええぇ(爆
そのときになるまでちょっと待ってみます。

さて、話を戻して。
そのシフさんの役割は 通称「鍵」です。
文字通りのキーパーソンです。
秘密はやたら鍵さんやBISさん、WIZさんの需要がすごい。
一度中に入って、どんなもんなのか見ておこうと思い、
(どうせ残り経験値も25000きってたから上がってしまう)
ちょっと言ってみました。「一緒に行ってもいいかなー」と。
鍵さんと違って私はただの火力なので、
正直不安でした。
「あと鍵さんだけ!」となると火力は邪魔なんですもんね。
ところがこれすんなり話が進んでしまいまして、入れてもらえました。
ありがとうございます。
しばらくBISさんが来るのを待って、そして
出発!

※新しい槍で行きました!使用はグレイプ。

一度知人様達と行ったので、なんとなく気が楽でした。
最初はね
3人で行ったときは、回復してもらいながらちまちまやって、
最後まで行く気もなしにやってたので、かなり気軽にやれました。
ところが今度はそうじゃない。
シフさんがかっちかち開ける
入る
敵が現れる
ぼこる
攻撃しながらやや後ろにWIZさん、後方をまわりながら回復してくれるBISさん。
ひたすら攻撃しまくる火力陣。
火力4人くらいいたんですよこれでも!
でも、それでも時間がかかりました。
3人で行ったときとたいしてかわらないような気がするくらい時間がかかりました。

実はですね。
秘密入り口に入ってほんの少ししたあと。
BISさん待ちの間の溜めと、入ってから倒した(のかな?)1匹。
これだけでレベルあがってしまったんです自分。
残り25000きっていたとはいえ、予想外の出来事にビビってました。
(こんときに64になりました)
秘密が『桁違いの経験値』をもっているのは知っていたので、
やべぇこれ65になっちまうんじゃねぇか・・・?と
とにかく不安でした。
(このときの私は「65」までが制限で、「65」なら秘密に入れるというのを知りませんでした)
約束守れなくなったら悲しいので。

で、微妙に迷いながら進んでいるうち、
私は妙なデジャヴに迷わされました。
3人で行ったときになんとなく見た気がする場所だったからです。
敵がいないんだなーと思っていたら。
左はすぐダンジョンの限界なんだなーと思っていたら。
隠し扉があることに気づいて近づいてびっくり。
なんか ブタ がいる ←※違います

パッと見た私にはそう見えた。
しっかり確認したところ、あ、竜の一種かvと判明。
(実は竜にいたる前段階、私の頭は「トカゲ」という結論を導きかけていた)
なんでブタやねん。なんでトカゲやねん。

ギルドの紋章?がある方は、紋章ごと消させていただいてます…!
このショットの加工で大変だったのは紋章消すときだったなv

で、そのピンクの、倒しに行きました。
おそろしいんですよこれ!
お楽しみはとっておこうであまり深く?は言いませんが、
とにかく強い やばい こわい
何より厄介なのは、その入った狭い部屋にいるのが2匹ってことだ。
こんなの2匹もいたらやべぇえぇえ。
このときすかさず私の脳裏によぎったのは、
3人できてたら確実に全員即死だったな…vってことでした。
図体でかいだけあって射程も攻撃もなんもでかいでかい。
実はこのとき、私、迷惑かけてしまいました。
もろターゲットになってしまってたらしく、直撃即死しました。
まって、私、抵抗10%はあったよね。
え、即死?
……生き返らせてくれたBISさんありがとうとごめんなさい。
その間回復ができなかったはずなので申し訳ない…!

必死でした。
なんせ、私自身かなりポーションを消費しました。
あ、あぶねぇぇぇえ

で、実は ちまちまと、とあるモンスターの名前がでてたのですが、
ここにいる2匹とは名前も違うし、
もっとあとのどっかのステージにいるボスの名前かな?と思ってたんです。
ところが。
脳味噌が事の起こりを理解するまでにやや時間がかかりました。
いつのまにかそいつはそこにいた。

総攻撃中のSSですが、
こんだけはげしいラッシュがとんでもない時間続きました。
カーソル合わせるのが大変でした(笑
見えないからうろうろさせてカーソルが変わるのを見るしかなくて!(爆
こいつとの戦いでは死なずにすみました。

このときほど、BISさん、WIZさんの役、配置を
かっこいいと思ったことはありません。
なんつか、もう 慣れ でやってる方々だったはずなんですが、
私にとってはとにかくかっこいいものでしかありません。
変な感動で泣くかと。(なんじゃそらってな

で、そのへんのゴロツキを倒すだけで4桁だったのに、
この1匹、(あれ、2匹のほうだっけ、忘れました 死
その後のラスト1?を倒した際の

経験値。
(私の場合)
ありがとう私の右手。よく動いてくれた。

PTを嫌う私でもちゃんと扱ってくれた皆様に感謝。
すかさず助けてくれたBISさんありがとう
鍵としての役割を果たしながらもいろいろ私を助けてくれたシフさんに感謝。
組んでくださったPTメンバー様におつかれさまです。
過ぎてしまえばあっという間でしたが、
このPTで「嫌」と感じることは一度もありませんでした。よかった。

そして素朴な質問に答えてくださってありがとうございます。
「これ終わったらどうなるんですかー?」
「強制送還v」

本当に強制送還されました。

その後、シフさんは2ターン目へ。
私はお別れしました。

ちょっとシフさんに質問したりして、
「65」ならまだ行けるということを知り、安心しました。
一度終わった直後の私の残り経験値が、既に15000をきっていたからです(死
このときまで「65になっちゃったらもうだめなんだ」と思っていたので、
安心して力が抜けました(死


ということで、一足先に秘密を体験してきたわけですが……
あんだけの人数でぼこったのに私以外にも実は数人死んでます。
あぁ、あれを
非常識と
いうんだね!!
実は私が無意識にあがってたらしく、(体は正直か・・・泣
ほぼ最後まで手やらなんやらもう体全体がガタガタ震えていました。
ペンタブもってんのに、マウスパッド?とぶつかってカタカタ音を立てるほどでした。
ゲーム内でもこの性格でるのか私。
緊張してるなんて意識なかったんだぞ本当に!!
武者震いとはいいません。こんな情けないモンでどうするよ・・・!

ついでに、私がどこまで火力として通用するのかも気になっていたのですが、
………
それどころじゃありませんでした。
だ、だって!
数字の羅列が早いわ、
どれもこれもやたら数字がちっちゃいわ
怖いわ痛い(?)わ

いろーんな意味で、いい経験しました。
ひぃひぃ。

ついでにちょびっと私信。
これを見ていたらムロッちゃんへ。
このとき一緒にいた方も、こころなし戦士だった気がする…よv

PR
この記事にコメントする
名前
タイトル
コメント
パス
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

生息
Yellow Topaz
- - - - - -
ゲーム日記とからくがきとか。



------------------

ランキング参加中!
新着記事
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
コメント
[07/31 ロリコンカッコガチ]
[07/31 さいか]
[07/31 梨]
[01/10 黄金褌紳士]
ブログ内検索
RED STONE公式HP

Copyright (c) 2017 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights Reserved. License to GameOn Co., Ltd.
 ===========================
当サイトで利用している画像及びデータは、
株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無くご利用又は転用する事は出来ませんので、予めご了承下さい。
アクセス解析
忍者ブログ [PR]